ヴァンパネラ

西部辺境を治めるエヴァンス家の
居城ヴェイカル城地下。
亡き夫に代わり、
西部辺境の現領主を務める
若き未亡人テレジア・エヴァンスは、
有能な副官ゼス・コーナーの
手により持たらされた
魔導の書『破戒の法』に従えば夫、
グレニアム・エヴァンスの
蘇りが叶うと聞く。
人知れず手配を命じたテレジアは、
ヴェイカル城にある地下室にて
儀式を行う。


テレジアは亡き夫を
よみがえらせるため、
ヴェイカル城にある
地下室にて儀式を行う。
儀式の生け贄として選ばれた
カチュア・ティアーズは、
手淫強要、媚薬投与、血液採取、
化け物(触手生物)との交合、
集団レイプ、など陰惨な儀式の
生け贄とされてしまう。
解放を懇願するカチュア、
亡き夫の為に、その願いを
聞き入れるわけにはいかない
テレジア。
二人が過ごす十数日間の
儀式を描く。

ヴァンパネラ -絶望の地下牢- 前編
ヴァンパネラ
-絶望の地下牢- 前編


ヴァンパネラ -絶望の地下牢- 後編
ヴァンパネラ
-絶望の地下牢- 後編





前に戻る
inserted by FC2 system